新型コロナウィルス感染症の感染防止のため,横浜市立大学では,2020年度前期のすべての講義,後期についても一部の講義が遠隔授業となりました。2021年度についても多くの講義が遠隔授業となり,今後も新たな変異株による感染再拡大が心配されています。

2022年度についても(2021年12月現在),感染症の再拡大に備え,2022年度の前期についても多くの講義で遠隔での実施が予想されます。新学期を迎えるにあたって,遠隔授業の受講に必要なパソコンなどの選び方のポイントについて解説します。

このコースはゲストアクセス(ログインしない状態)でも閲覧可能です。

学習コーナーのメインページとなります。

内容は2022年3月31日まで,隔週月曜日に更新していく予定です。ゲストアカウントでのアクセスはできませんので,各自で登録したアカウントを用いてログインして利用してください。2022年度特設コース(はじめに)のアカウントの登録手順を参照してください(メールアドレス,受験番号の情報が必要)。

在学生(2021年度以前入学者)のための認定型クラス(「情報コミュニケーション入門o」「情報リメディアルo」の筆記試験のコースです。2022年度入学のデータサイエンス学部の追試もこのコースで実施します。

在学生(2021年度以前入学者)で,「情報コミュニケーション入門」「情報リメディアル」を,認定型クラスでの履修(試験に合格すると,授業は免除)を希望する人は,2022年4月8日(金)18:00 までに,坂口(sakkun@yokohama-cu.ac.jp)にメールにて申し出てください。

事前準備に関する情報の開示のため,2022年4月1日(金)からログインしない状態でもアクセスできるようにしてありますが,2022年4月7日(木)09:00頃より受験対象者のみがアクセスできるようにします。これ以降のアクセスは「大学発行のアカウント=YCU-Portalにアクセスする際に使用するもの」で行ってください。

試験問題へのアクセス可能な時間は,2022年4月9日(土) 10:45~12:15 となりますが,解答時間は開始から60分間に制限されます。遅く始めても12:15には試験終了となるので余裕をもってアクセスしてください。

実技試験のコースです。

事前準備に関する情報の開示のため,2022年4月1日(金)からログインしない状態でもアクセスできるようにしてありますが,2022年4月7日(木)09:00頃より実技試験の有資格者のみがアクセスできるようにします。これ以降のアクセスは「大学発行のアカウント=YCU-Portalにアクセスする際に使用するもの」で行ってください。

このコースは,2022年度入学のデータサイエンス学部の方,2022年4月2日(土)~4月3日(日)の筆記試験の成績が上位だった方(データサイエンス学部と辞退者は除く),在学生で事前に申し込みのあった方,のみがアクセスできるように制限してあります。

2022年4月9日(土)の13:00より課題が公開されます。課題の内容にそって作業を行い,その成果物を同日15:00までに提出箱にアップロードしてください。

2022年4月14日(木)より,課題の採点結果が確認できます。フィードバックコメントが含まれている場合がありますので,合格だった方も不足点の確認に利用してください。